ほくろの除去治療

先生

ほくろの除去をお願いするクリニック選び

ほくろの除去をするにあたっていくつかの治療方法があります。保険が適応になりやすい凍結や切除方法が一般的ですが、美容目的で行う場合にはレーザー治療が適切です。ほくろを取り除く場合の費用はクリニックによって異なり、ほくろの大きさや範囲、部位で金額設定をしています。また、金額が一律でほくろの数は関係ないというクリニックもあります。ほくろの大きさによって金額の設定がされている場合は、3000円から最大で80000円になります。金額が安い除去治療は基本的に凍結や切除によって治療をします。美容整形または皮膚科クリニックのどちらでほくろを取り除くのかを悩んでいる場合は、除去後の跡がのこりにくい方法を選ぶのか、金額が安い方がいいのかによってクリニックを選びましょう。クリニックの種類が決まったら次は金額を比較してさらに絞りこむ事が大切です。保険が適応されない場合はクリニックごとに設定する事ができるため、比較をする事で同じ治療法でもかなりの差がある事に気づくはずです。最終的には比較をして選んだクリニックに行きますが、ここで注意点があります。ほくろの治療にかかる費用の確認または見積もりと、実際に治療した後の状態を写真などで確認する事です。特に美容整形では治療後の経過を観察するために写真などを撮影している事も多く、カウンセリング時に見せる事で患者側の技術面での不安を取り除きます。カウンセリングを受ける際には直ぐに予約をとらず他に気になる治療法があればその治療法に特化したクリニックにもカウンセリングを受けておきましょう。カウンセリング自体は無料で受ける事ができるので、ここだと思う所が見つかるまでは焦らずに探す事が重要です。金額が安くてもほくろの除去ができればいいという方は、ほとんどの皮膚科クリニックでも受ける事ができます。注意点としては、取り除く前に保険が適応になるのかという部分と保険外であった場合の金額の確認をする事です。皮膚科の場合では美容整形クリニックほどのカウンセリングをする事が少ないため、率先して確認をしましょう。

安価で治せるから人気

看護師

炭酸ガスレーザーでほくろを治療する場合は、ほくろの組織をしっかり除去してもらうことが重要です。なお、万一治療後にほくろが再発してしまったときに、無料で再治療してもらえるシステムがあるクリニックを選ぶとよいでしょう。

治療開始前にすべきこと

顔を触る人

ほくろ治療を受ける場合に、その仕上がりを左右するのがクリニック選び。クリニックによって、特徴や評価が違うため、しっかりと選んでいかなくてはなりません。もし、そこで自分にあったクリニックを見つけることができたら、満足する結果に繋がるでしょう。

綺麗に治せる

ドクター

ほくろを治療するときは、きちんと母斑細胞まで除去する方法を選びましょう。炭酸ガスレーザーは、綺麗にほくろを除去できるとして多くの美容外科で採用されています。治療後は刺激を避け、傷が乾いてからメイクをするようにしましょう。

赤いほくろが出てきたら

カウンセリング

ほくろの治療ではいくつかの方法が用いられるのでその方法について紹介します。また、ほくろの種類の一つに老人性血管腫というものがあります。もし、赤いほくろが出てきた場合には老人性血管腫を疑ってみましょう。

治療方法を相談しよう

顔を触る人

強いコンプレックスにもなりうるほくろは、近年比較的簡単に治療することが可能ですが、その方法には様々な方法があります。医師と相談して利用方法を決定していきましょう。