女の人

綺麗に治せる

ドクター

炭酸ガスレーザーが主流

ほくろが顔の目立つところにあって気になるという人の多くが、美容外科で綺麗にほくろを除去する施術を受けています。ほくろを治療する方法はいくつかありますが、一番多く用いられるのがレーザー治療法です。美容外科でよく使われているレーザーは、炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーを使用する利点は、跡が残らず綺麗に治療できるところです。炭酸ガスレーザーをほくろに照射すると、ほくろの組織に直接働きかけて水分もろとも蒸発させます。なお、ほくろを再発せずに綺麗に治療するためには、ほくろにある母斑細胞まで除去する必要があります。炭酸ガスレーザーは肌を傷つけずに母斑細胞を破壊するため、再発しにくい方法として多くの美容外科で採用されています。顔の目立つ部分のほくろを治療する場合には、傷跡が目立たない方法で除去してくれる美容外科を探すようにしましょう。また、一度で治療しようとしてしまうと深い傷跡が残ってしまう可能性があるため、数回に分けて治療してもらえる美容外科がおすすめです。ほくろの治療費は、大きさによって決まります。治療費は美容外科によって変わるので、事前に確認しておきましょう。なお、炭酸ガスレーザーでの治療は、5分から10分程度で済み、術後に通院する必要もありません。短時間で終わる施術なので、カウンセリングを受けた当日にそのまま施術を受けて治療することも可能です。また、施術当日にお風呂やシャワーを浴びても傷に影響はないので安心です。しかし、炭酸ガスレーザーを当てた部分はデリケートになっているので、ゴシゴシこすったり、ピーリングなどの刺激が強い化粧品を使用したりするのは控えましょう。施術後のメイクは、炭酸ガスレーザーでできた傷が乾いた状態になってから再開します。傷が乾かないうちからファンデーションを塗ったりするのはよくありません。もちろん、ほくろの傷以外のメイクは可能です。なお、ほくろの数が多く、メイクしないと目立つ場合など気になるときは、専用のテープを貼った上からメイクをすると目立ちにくくなります。