女の人

治療方法を相談しよう

顔を触る人

アフターケアを知っておこう

なにげなく鏡をみて、顔の目立つ部分にほくろがあることが発覚した場合、気になってしまうことでしょう。そして、多くの人が除去したいと感じるはずです。目立たない部分であれば、問題のないほくろですが、目立つところにあると、人に見られているのではないかと思ってしまうはずです。また、女性であれば、メイクをする時に邪魔だと感じることもあるでしょう。美容外科や美容皮膚科では、ほくろを綺麗に除去する治療を行なっているので、気になるという人は利用してみてはいかがでしょうか。これらのクリニックでは、ほくろの状態に合わせて、治療方法を選択していきます。ほくろの大きさや盛り上がりの有無、色の濃さなどによって適した治療が異なります。なので、医師と相談して治療方法を決定していきましょう。また、ほくろには良性と悪性のものがあります。悪性のほくろであった場合、皮膚がんの一種になるので、審美目的でない専門治療が必要になります。なので、初診のカウンセリングの際には、きちんと説明を聞きましょう。悪性のほくろの特徴は、1センチ以上の大きさ、変色してきた、固い、形がいびつなどが挙げられます。これらの特徴に当てはまるなと関じたら、痛みを感じていなくてもクリニックでの診断を受けましょう。また、ほくろが出来る原因には、先天性と後天性の原因があります。先天性の原因は主に遺伝です。また、後天性の原因は、紫外線やストレスなどがあります。また、皮膚のターンオーバーがうまくできていないとほくろになってしまうことがあるようです。なので、ほくろの増加を防ぎたいと考えるのであれば、これらの後天性の原因を排除していきましょう。クリニックでは、ほくろ治療後にアフターケアや予防策についても入念に説明してくれます。なので、しっかり聞きましょう。また、治療後にハイドロキノンという美白効果のある塗り薬を処方してくれるクリニックもあります。ほくろ除去の治療内容や経過によっては、肌に赤みが出ることもありますが、処方してもらったハイドロキノンをきちんと塗っておけば安心です。