女の人

赤いほくろが出てきたら

カウンセリング

様々なほくろ治療と最も人気の方法

年齢を重ねることにより、肌になんらかの症状が出てきます。一般的な症状にはシミやしわ、たるみなどがありますが、実はほくろも加齢によって出来るものなのです。加齢によってできるほくろは老人性血管腫と呼ばれています。一般的なほくろとの違いは、見た目です。ほくろといえば黒いほくろをイメージしている人が多いことでしょう。しかし、老人性血管腫は毛細血管の増殖してることで発症するので赤いのです。中には血豆と勘違いしている人も多くいます。この老人性血管腫の原因にはホルモンバランスの乱れと皮膚の炎症があります。一般的なほくろと違うので、悪性のほくろではないかと心配してしまう人もいますが、クリニックで簡単に除去することが出来る良性のほくろです。なので、気になる人は除去してしまいましょう。この老人性血管腫の治療法には5種類の治療法があります。それは、保険が適応となる凍結療法と切除術、そして、保険適応外の炭酸ガスレーザーとヤグレーザー、色素レーザーといった治療法です。それぞれ特徴が異なります。傷跡を極力残したくないと考えるのであれば、炭酸ガスレーザーがおすすめです。治療後、2種間程度、赤みが出ますが、徐々に落ち着いていきます。クリニックではアフターケア用の軟膏を処方してくれるので、医師から指示されて期間は忘れずに塗るようにしましょう。また、大きさによっては、赤みが落ち着くまで保護テープを貼っておく必要があります。また、数回の治療が必要になる場合もあるので、把握しておきましょう。しかし、大体の場合は1〜2回の治療で終了しているようです。実際にクリニックで治療を受ける場合には、はじめにカウンセリングを受けることがほとんどですので、その際に、おおよその治療回数や費用、ケアの方法などを確認しておくと安心して治療を受けることが出来るでしょう。人気があるクリニックだと、カウンセリングの予約が取りにくいことがあるので、早めに予約を入れておくことが重要です。ホームページを確認すると、カウンセリング専用の予約フォームを設けているクリニックもあるので事前に確認しておくと良いでしょう。