女の人

安価で治せるから人気

看護師

再発しても無料で治療できる

ほくろの治療法として多く行われているのが炭酸ガスレーザーを使用したものです。炭酸ガスレーザーの特徴は、ほくろを除去した後の傷跡が目立ちにくく綺麗に治療できる点です。治療の流れとしては、まずほくろに炭酸ガスレーザーを照射する前に、麻酔をしていきます。ほくろの大きさや深さによって痛みが変わってきますが、ほとんどのクリニックで麻酔をするのが一般的です。麻酔の種類は、ほくろの表面に塗布する麻酔クリームや局所麻酔注射を使用します。麻酔クリームと局所麻酔注射を併用すれば、注射針を刺すときの痛みもなくなるので痛みに弱い人は相談してみるとよいでしょう。麻酔がしっかりと効いたことを確認したのち、炭酸ガスレーザーをほくろに照射していきます。一度炭酸ガスレーザーを照射しただけでは、完全にほくろの組織が分解されないこともあるため、様子を見ながら何回か照射していきます。完全にほくろの組織が除去されたことを確認してもらえるので、取り残しや再発の心配も少ないでしょう。炭酸ガスレーザーを照射した後は傷跡がへこんで見えますが、傷跡が治るにつれてへこんだ組織も元に戻っていきます。また、炭酸ガスレーザーでのほくろの治療は、術後に通院する必要もないので手軽に受けられると好評です。炭酸ガスレーザーを使ったほくろ除去の費用は、メスで切除するよりも安価です。ほくろの大きさによって変わるので、カウンセリングやホームページで確認しておきましょう。なお、ほくろの種類によっては、炭酸ガスレーザーを使用するより、メスで切除したほうが綺麗に治療できる場合も少なくありません。医師と相談して決めることが大切ですので、カウンセリングはしっかりと受けましょう。また、ほくろは少しでも組織が皮膚に残っていると、治療後に再発する恐れがあります。完全にほくろの組織が取り除けていない可能性を考慮して、万一再発したときに無料で治療してもらえる保証制度のあるクリニックだと安心です。クリニックを探すときは症例写真や口コミを参考に選ぶと失敗が少なくなります。特に同じような大きさや形状のほくろを治療した人の症例写真があると参考になるでしょう。